ホロンの唄

君を去った者たちが残した、
かつて確かな意味を持った響き。

呼応する言葉の波に寄せて、
生まれた街を燃やす火の中で、

燃え尽きていく身体に、刻み込む言葉を這わせて。
でも歩む道の先には、灯りが今でも消えない。

誇り高き煙に渦巻かれ、
いずれ下される裁きを丘の上で待った。
語り掛ける言葉は君らを、構成するすべての愚かさの中へ。

ばらばらにほつれゆく糸を束ねて。
書き残す全てを繋ぎ止める。
道標は嘘へと変わった。

それでも。

君を求める声は今も、
あらゆる意味が抜け落ちた色の中で。
深い夜に見せた幻の続き。
そこへ全てを託して待ち続けている。

さあ、総てのものと引き換えに還る。
さあ、凡てのものを置き去りに還る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中